2010年04月07日

普天間で結束確認=社民(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)、又市征治副党首、阿部知子政審会長ら幹部は6日夜、都内で会合を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、結束して対応していくことを確認した。
 会合後、福島氏は「気持ちを合わせて頑張ろうということだ。社民党の主張は米領グアム、(米自治領北マリアナ諸島の)テニアン移設とはっきりしている」と記者団に述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
<火災>深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区(毎日新聞)
<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)
車内のライター、回収し忘れか=父「あったかも」−4児死亡火災・北海道(時事通信)
posted by サガワ ハルヒコ at 03:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。