2010年03月16日

「正直に真実を述べた」小林議員聴取で首相(産経新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営に北海道教職員組合(北教組)が1600万円を不正に提供したとされる事件で、小林議員が札幌地検の参考人聴取を受けたことについて、鳩山由紀夫首相は13日、「事情聴取を受けたとするならば、当然そこで正直に真実を述べてくれたと理解している」と強調した。視察先の奈良市内のホテルで、記者団の質問に答えた。

 民主党執行部は既に小林議員の辞職は不可避と判断しているが、鳩山首相は「出処進退は自身で判断すべきことだ」と述べた。

【関連記事】
小林議員、月内に進退判断か 北教組への関与は否定
教師の選挙運動 地方公務員も罰則が必要
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 
「北教組の1600万円なんて端金は受け取りません」
関係者激白…違法献金の小林議員は「パン屋のおばさん」
20年後、日本はありますか?

「開国博」入場券代金求め、旅行会社を提訴へ(読売新聞)
国宝仏像展、文化庁が認めず…管理ずさん新潟市(読売新聞)
核密約、10政権でリレー=「佐藤−海部」記録が裏付け(時事通信)
日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)
【大阪特派員】小林毅 浪速の本屋はしぶとくて(産経新聞)
posted by サガワ ハルヒコ at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。